協議会について

日本におけるベビーフード市場の変遷

1、ベビーフードの生い立ち

ベビーフードはどのようにして生まれたのでしょうか?
 一説によれば、1921年(大正10年)米国ニューヨーク州ロチェスター市のあるレストランの主人が、自家用にピューレ状の缶詰食品を作り販売しました。これを商業ベースに乗せたのがクラップ社という会社で、ベビーフードとしてのスタートでありましたが、ごく限られた地域での販売であったため、全米での市民権を得るまでには至りませんでした。
それから7年後の1928年(昭和3年)、ベビーフードの父と言われるダン・ガ-バー(ミシガン州フリーモント市)が自分の経営する食品会社フリーモント缶詰会社(後のガーバー社)で本格的にベビーフード生産販売を手がけることになりました。

そのいきさつとは・・・
 ダン・ガーバー氏は自宅で妻が一人娘のために一生懸命グリーンピースの裏ごしを作っている姿を見て、これを工業化できないか、また乳幼児の栄養に貢献できないかと考えました。幸い自分が食品工場の仕事に携わっていることも有利と判断し、小児科医の意見を得てベビーフードの生産販売に踏み切ったのでした。
わずか3年後の1931年(昭和6年)にはベビーフードを全米に拡大し、米国において乳幼児の発育に欠かせない必需品としての地位を築いたのでありました。

さて、日本ではいつ頃ベビーフードが誕生したのでしょうか?
 1937年(昭和12年)、和光堂が米の粉砕品である「グリスメール」を、それから5年後の1942年(昭和17年)に統制品である「育児食」の2品目を発売しました。これがわが国のベビーフードの草分けであります。
ただ、両者ともその容器が缶入りで容量も500gと極めて大きく、今でいうベビーフードとは大分様相を異にしていました。また、製品内容形態が不明でありますが、粉末またはそれに近い状態で、使用時には「おもゆ」のような形であったと推測されます。

 

2、ベビーフードマーケット 1950年代~1960年代

 1950年(昭和25年)になって現在のベビーフードに近いものが出始めました。
武田薬品は缶容器でビタミン強化混合食を3品目発売し、内容も肉野菜、果実と初めて原材料が多様化したものが登場しました。続いて1956年(昭和31年)、森永乳業から「ライスメール」という紙容器包装の粉末製品が発売されました。

 この年代になり各社から続々と新製品が出されましたが、わが国ではベビーフードのなじみがまだ浅く、各社発売に踏み切るには暗中模索といった状況が続きました。メーカー各社はこのような中、よりどころとして小児科医に意見を聞きつつ、ベビーフードの黎明期として市場浸透させるための様々な試行錯誤を行い、苦労話には枚挙にいとまがありませんでした。

 また、この時代は第一次ベビーブームと言われ、デパートではベビー用品売場が充実していました。このような背景をもとに、メーカー各社はデパートで開催される赤ちゃん展(今でいうベビーフェア)で、離乳食の相談会を開催し、お客様に離乳食指導をしながら試食してもらいベビーフードの舌ざわり、味、使用方法などを啓蒙しました。

 

3、ベビーフードマーケット 1970年代~1980年代

(1)1970年代
 この時代は、「乾燥ベビーフード」をこれまでの穀類中心から果汁、野菜、肉類に至る品目にまで拡大した時代です。
1968年(昭和43年)に明治乳業が発売した「粉末果汁」、和光堂が発売した「米がゆ」が火付け役となり、「乾燥ベビーフード」の品目が一気に増加しました。
同様に「瓶詰ベビーフード」も品目を増やしていきましたが、一方「缶詰ベビーフード」はこの時期から徐々に減少していきました。

 1971年(昭和46年)~1974年(昭和49年)は第二次ベビーブームでした。
この時代のベビーフードへの母親の意識はどのようなものだったのでしょうか?
1977年(昭和52年)に実施した調査によると、母親がベビーフードを使用しない理由は次の通りでありました。

  • 「自分の手作りのものをあげたい」 72.6%
  • 「新鮮な材料で作ってあげたい」  35.7%
  • 「着色料などを使っている」    28.6%
  • 「原料・成分がわからない」    14.3%

 このようなことから当時の母親は、ベビーフードを一度は使ってはみるものの、繰り返して使うことは少ないようでした。

 第二次ベビーブームのピークとなった1973年(昭和48年)には、年間出生数が209万人を超えました。これを背景にベビー対象の月刊雑誌の創刊ブームとなり、「私の赤ちゃん」、「ベビーエイジ」などが発刊されました。
当時ベビーフードを使っていた母親は、今日ほどベビーフードに関する情報がありませんでしたが、離乳食やベビーフードに関する情報、育児や栄養に関する情報をベビー雑誌からも得ることができるようになりました。

 

(2)1980年代
 この時代は、母親の意識の変化を背景に、技術の進歩によって今までにない商品が次々と発売されました。
労働環境や社会環境の変化などにより、母親の意識や行動に以下のような変化がみられました。

  • 外食や持ち帰り惣菜の利用が増え、家庭内での調理が減少している
  • 通常の食事が煮物などから肉料理、生野菜料理に代わったため、親の食事からの取り分けが困難になっている
  • いつも全部手作りすることがいいのではない、母子のスキンシップなど他にも大切なことがあると考える母親やオピニオンリーダーが増加している
  • メニューに一品加えたい時、苦手な材料や調理の時、乳児を預ける時などベビーフードを上手に使いこなす母親が増加している

 このようなことから、ベビーフードの受け入れの素地は出来ていましたが、かつてのような「手作り派」、「ベビーフード派」という分類ではくくれない消費者像を意識しながら、問題はむしろ商品開発にあると思われました。

 1984年(昭和59年)、和光堂はフリーズドライ製法によるベビーフードを発売しました。この製法は品質の変化が少なくシラスやブロッコリーなどの緑色野菜の素材が利用できるようになり、使用時に湯を加えると素材本来の味、色、香りなどが味わえるとともに、幅広い食材をベビーフードに取り入れることにより品揃えも豊富になりました。

 また、1987年(昭和62年)、明治乳業はカップ型のレトルトベビーフードを発売しました。この商品はカップ型容器を使用することにより、適度な大きさと固さの具が入り、開封が容易ですぐ食べられることが魅力でした。

 また、この頃から製法というハードな面だけでなく、製品に関わるコンセプトやネーミングなどソフトな面にも工夫がされるようになりました。
1993年(平成5年)、時は和食回帰の時期。このコンセプトをもとにピジョンがレトルトカップ容器で「赤ちゃんの和食」を発売したり、一方、マスコミには「赤ちゃんにもグルメの味」などと報じられ、商品名に「ビーフシチュー」「ミネストローネ」「ツナドリア」といった品目が増えていきました。


4、ベビーフードマーケット 1990年代~

 1990年代は、まさにベビーフードの成長期でありました。
その背景としては、1980年代に発売されたレトルトカップやフリーズドライがベビーフードに何らかの抵抗感を感じていた母親の意識に大きく影響を及ぼしたこと、販売量の多い瓶詰製品が消費者にとって求めやすい価格になっていったこと、などが挙げられます。

 厚生省が1985年(昭和60年)に実施した乳児栄養調査では、ベビーフードの使用状況について「ほとんど使用しなかった」が51.8%を占めていましたが、10年後の1995年(平成7年)の乳児栄養調査では、「よく使用した」「時々使用した」が66%を占め、この10年間でベビーフードに対するかなりの意識変化が見て取れます。

 手作りの離乳食こそが子供に対する最大の愛情表現であるという価値観が、母親から娘へと世代を超えて代々受け継がれてきましたが、こういった育児に関する価値観・情報が、女性の社会進出、核家族化、情報化社会の推進等の環境変化により、縦の情報の流れから横の情報の流れ(同世代間での情報交換)に変化していきました。その過程で母親の価値観が変化し、それに伴い簡便性、栄養価、衛生面等で大きく向上したベビーフードは母親から高い評価を得るようになりました。
これらの要因が、90年代の高い市場成長を維持してきたと言えるでしょう。

 

5、ベビーフードマーケット 2000年代~

 前述のような価値観の変化によって、出生数が1973年(昭和48年)の209万人をピークに減少の一途をたどる一方で、ベビーフード市場が伸びているといった状況を生みだしていました。
その内容をタイプ別に見てみましょう。

瓶詰
3008年は、1,778トン生産しています。
近年、レトルトに変わられており、生産量はダウン傾向となっておりますが、 中身が見える安心感や値頃感のある価格、使いやすい形態が母親に受け入れられています。

レトルト(パウチ・成型容器)
1980年代後半に登場しました。
その生産量は1998 年には4,929トン であったのが、2008年には7,161トンと増加しており、約1.4倍となっております。また、レトルトはベビーフード(飲料を除く)の約76%を占めています。

簡便性に優れ、少量化が実現され、メニュー製品として近年の時代のニーズを満たし、特に飽食の時代を経験した購入者(母親)に大きな支持を得たということは、まさに時代の変化(食の変化)をそのまま映し出しています。

乾燥品
乾燥品は出始めた当初は粉末製品のみでありましたが、1980年代半ばにフリーズドライ製品が登場しました。
2008年には、465トン生産しています。
乾燥品の持つ手軽さ、携帯性、素材としての種類の多さなど 特長を持った必要性の高い商品であることがうかがえます。

 日本ベビーフード協議会では飲料の容器が瓶からペットボトルに変化したことを受け、2000年(平成12年)より、ペットボトルを生産量統計に入れることとしました。ペットボトル入りの低果汁飲料、アイソトニック飲料は、そのまま飲めること、リキャップできることなど手軽に子供に飲ますことができ、また価格的にも安価で購入できることが受け入れられて非常に伸びています。

協議会について

 

ベビーフードの技術的変遷

サイトマップお問い合わせプライバシーポリシー